・ドクターヘリについて

ドクターヘリ

2013年11月より運行が開始された兵庫県ドクターヘリは兵庫県立加古川医療センターを基地病院、当院を準基地病院として共同運用・運航されています。普段は加古川医療センター へリポートに駐機されており、要請があれば現場や病院間搬送に飛び立ちます。

→兵庫県立加古川医療センター 兵庫県ドクターヘリのページへ

2か所で共同運航する利点は以下のことが挙げられます。

  1. 非常に広い運航エリアで発生した患者を居住地に近い基地病院か準基地病院に搬送できる。これは患者および家族、警察、消防などにとって非常に重要なポイントである。消防にとっては患者が別の医療圏の病院へ搬送されることに対する負担や不安を減らせる。
  2. 基地病院・準基地病院が互いにさまざまなことをカバーしあえる。
  3. 当院が準基地病院に指定されたことによりヘリポートと給油設備の併設が可能となった。これによって、中・西播磨圏域の住民にとり、日常の救急医療の質の向上はもちろんのこと、災害時への備えも万全の体制となりえた。

広畑病院駐機日の運航実績 2015年1月~3月

  1月(駐機4日間) 2月(駐機4日間) 3月(駐機4日間)
総出動件数
5件
3件
9件
現場出動
4件
2件
8件
施設間搬送
1件
1件
1件

ドクターカー

ドクターヘリを駐機しない、平日の午前9時から21時までを原則の運行時間としています。運行範囲:日中は姫路市内のみ、日没から21時までは中・西播磨全体としています。原則、消防から出動要請があった場合に出動しています。

ページトップへ

  • 個人情報保護方針(製鉄記念広畑病院)